【ガンプラレビューブログ】HGBF ビルドバーニングガンダム(ガンダムビルドファイターズトライ)

シェアする

ビルドバーニングガンダム

ピコ吉(@pikokichi2)です!

今回は「ガンダムビルドファイターズトライ」よりHGBF ビルドバーニングガンダムのガンプラをレビューします!

HGBF ビルドバーニングガンダムの基本情報

「ガンダムビルドファイターズトライ」主人公の一人カミキ・セカイが使用するガンプラを完全新規造形で立体化。
格闘機ならではのダイナミックなアクションを実現。様々は表情の手首が付属。劇中を再現する、3種のエフェクトパーツを付属。
【付属品】パンチエフェクト×1、キックエフェクト×1、背部エフェクト×1、握り拳×1セット、手刀×1セット、表情平手×1セット、武器握り手×1セット、クリアパーツ×1セット
【商品内容】成形品×10、ホイルシール×1、組立説明書×1
(Amazonより)

機体名(MS):ビルドバーニングガンダム
登場作品:ガンダムビルドファイターズトライ
グレード:HGBF
スケール:1/144
発売日:2014/10/11

組み立て(素組み)

パーツ一覧。クリアパーツが多いのでワクワクします!

シールは少ないので、シール貼りが苦手な人でも大丈夫。

ビルドバーニングガンダム

ビルドバーニングガンダム

部分的に組み上げた状態。特に難しい箇所はありません。

ビルドバーニングガンダム

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

スミ入れはガンダムマーカー極細でスミ入れしました。

ビルドバーニングガンダム

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

格闘タイプのガンプラらしく、可動域も広いのでどのポージングもカッコ良いです!

武器の付属がありませんが、クリアのエフェクトパーツで見栄えも良い!

ビルドバーニングガンダム

ビルドバーニングガンダム

ビルドバーニングガンダム

HGBF ビルドバーニングガンダムのガンプラレビュー

今回は「ガンダムビルドファイターズトライ」よりHGBF ビルドバーニングガンダムのガンプラを制作しました!

実はガンダムビルドファイターズをきっかけにガンプラを再開したのですが、ビルドファイターズシリーズのガンプラは初めてです。

2014年発売のガンプラなのでもう数年立っていますが、ガンダムの長い歴史からみるとまだまだ新しいですね!

パーツを見てみると、クリアパーツが豊富でワクワクします!パーツ切りもしやすく、ゲートの処理部分も目立ちにくいですね。

組み立てもやりやすいように設計されていますので、サクサク進みます。パーツ切りから組み立てまで1~2時間程度。

スミ入れする箇所もあまりありませんが、少し段になっている所にスミ入れをするだけでもメリハリが出て雰囲気が良くなります。

全体を組み立ててひとまず完成。格闘タイプのガンプラというだけあってプロポーションは最高です!普通の直立ポーズでもカッコ良い!

白と赤のカラーリングは少し子供っぽさも感じますが、ガンダムビルドファイターズは子供と大人が一緒に楽しめるガンダムということでこういう色にしたんでしょうね。改造の際は色も変更したいと思います。

可動域も申し分なし。肩の部分は通常のガンプラよりさらに一段階開きます。構えのポージングも様になりますね。

忘れてはいけないのが、ビルドバーニングガンダムに付属のクリアカラーの炎のエフェクトパーツ!

背中のエフェクトパーツは自在に角度を変えることができるので躍動感が生まれます。

手にはめるパーツは必殺技の雰囲気が出るので、これも飾って眺めてもカッコ良いです。

他にもビルドファイターズシリーズのガンプラはたくさん発売されているので集めたくなりますね!とりあえずチーム「トライファイターズ」のライトニングガンダムやウイニングガンダムは欲しい!

ビルドファイターズシリーズや格闘タイプのガンプラが好きな方におすすめです!

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HGBF ビルドバーニングガンダム(ガンダムビルドファイターズトライ)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ

▽ガンダムマーカー スミいれ用 ブラック 極細タイプ

▽アクションベース 2 ブラック