【ガンプラレビュー】HGUC Ex-Sガンダム(ガンダム・センチネル)

シェアする

ガンダム センチネル

ピコ吉(@pikokichi2)です!

今回は「ガンダム・センチネル」よりHGUC Ex-Sガンダムのガンプラをレビューします!

HGUC Ex-Sガンダムの基本情報

「ガンダムセンチネル」に登場する“Ex-Sガンダム”が1/144スケールで登場!各部増加装甲パーツをリアルに再現。
スマートガン上部のレドームと腰前部サポートアーム、両平手の追加。
本体各部の関節に加え、肩部ウイング、脚部ビームキャノン、テールスタビライザーも可動。
各関節にはポリキャップを覆うカバーが付属。武器はビームスマートガン×1、ビームサーベル×2が付属。
(Amazonより)

機体名(MS):Ex-Sガンダム
登場作品:ガンダム・センチネル
グレード:HGUC
スケール:1/144
発売日:2006/10/11

組み立て(素組み)

パーツ数は見ての通り多いです!これだけで圧倒されてしました。長期戦を覚悟しましょう。(汗)

数の割にシールが少ないですね。(笑)

ガンダム センチネル

ガンダム センチネル

部分的に組み上げた状態。ここまで作るのに結構時間がかかりました…。

特に足部分はパーツも多いので、間違えないようにしっかりと説明書を見て進めましょう。

ガンダム センチネル

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

スミ入れは元々入っているスジに合わせて行いました。スミ入れはあまり時間がかかりませんでしたね。

「ガンダムマーカー スミ入れ用グレー」を使用。

ガンダム センチネル

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

ボリュームのあるデザインで迫力満点ですね!インパクトがあります。

ゴテゴテしたデザインなので、可動域の狭さが残念です。(泣)

塗装など、改造のやり甲斐があるガンプラですね。

ガンダム センチネル

ガンダム センチネル

ガンダム センチネル

HGUC Ex-Sガンダムのガンプラレビュー

今回は「ガンダム・センチネル」よりEx-Sガンダムを制作しました!

ガンダム・センチネルシリーズからも何か一つ作りたいと思って購入。

結論から言うと、Ex-Sガンダムはいろんな意味で上級者向けのガンプラです!自分にはまだ早かった…。(汗)

まずパーツ数が多い!パーツ切りが大変で仕事の合間に少しづつ切っていきました。

古いガンプラなので、ゲート処理も丁寧に行う必要があります。とりあえずここまででも時間がかかりますね。

カラーリングは白、赤、青、黄でいわゆるガンダムらしい配色。

組み立てもパーツ数に比例して時間がかかります。特に嵌め合いが硬い箇所などはありませんが、切ったパーツを探すのに時間がかかりました。

シールは一つ一つのサイズが小さく、パーツ数の割に少ないですね。

白いパーツが多いので、スミ入れは最初から入っているスジに沿って行いました。

全体を組み立てるとボリューム満点のEx-Sガンダムの完成です!ゴツいガンダムが好きな人にはたまりません!

最近はスマートなデザインの鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラを多く作っているのですが、このギャップがすごい。(笑)

見た目はカッコ良いEx-Sガンダムですが、残念な点は可動域の狭さです。

これも鉄血シリーズのガンプラと比べてしまうのですが、ボディのゴツさが邪魔をして本当に狭いです。(泣)

付属品の武器も充実していてインパクトがあるので、ポージングができないともったいないですね。

ZZガンダムなど、この時代のガンダムはボリュームを増やしたMSデザインで、このEx-Sガンダムもその流れでしょう。

正直ポージングはあまり楽しめませんが、ゴツくてボリュームがあるガンプラとして飾って楽しむのが良いかもしれません。

ウェザリングや塗装など、細かい箇所を改造するのも良いですね。

素組みでサクサク楽しみたい初心者よりも、いろいろと自分で改造ができる上級者向けのガンプラでした!

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HGUC Ex-Sガンダム(ガンダム・センチネル)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ