【ガンプラレビューブログ】HGCE ストライクフリーダムガンダム(機動戦士ガンダムSEED DESTINY)

シェアする

ガンダム シード seed

ピコ吉(@pikokichi2)です!

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINYよりHGCE ストライクフリーダムガンダムのガンプラをレビューします!

HGCE ストライクフリーダムガンダムの基本情報

ストライクフリーダムガンダム、HGCEで初立体化!
HGCEシリーズならではの洗練されたスタイリッシュなデザインで可動域向上によりハイマット・フルバーストモードが再現可能に!
バランスの取れたプロポーションに加えて、翼は展開時、収納時を両立した美しい形状を再現。
【付属品】MA-M21KF高エネルギービームライフル×2、MA-M02Gシュペールラケルタビームサーベル×2、MX2200ビームシールド×1
(Amazonより)

機体名(MS):ストライクフリーダムガンダム
登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
グレード:HGCE
スケール:1/144
発売日:2016/11/12

組み立て(素組み)

パーツ一覧。箱を空けた第一印象はとにかく他のHGシリーズと比べてパーツ数が多い!

他にもゴールドのパーツもあるのでゴージャスな雰囲気も。完成が楽しみです!

ガンダム シード seed

ガンダム シード seed

一通り組んだ状態。やはり大きな羽根が印象的。

ガンダム シード seed

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

スミ入れは部分的に少しだけ。今後いろいろと作り込んでいきたいです。

ガンダム シード seed

ガンダム・ポージング・ギャラリー

大きな羽根が特徴のストライクフリーダムガンダムはポージングがとても絵になります。

羽根でバランスが取りづらいので、「アクションベース」(台座)も買っておきましょう!

ライフルもサーベルもカッコイイ!

ガンダム シード seed

ガンダム シード seed

ガンダム シード seed

ガンダム シード seed

HGCE ストライクフリーダムガンダムのガンプラレビュー

今回は機動戦士ガンダムSEED DESTINYより、「ストライクフリーダムガンダム」を作りました!

ガンダムSEEDも人気作なので、このストライクフリーダムガンダムも人気ですね!

実際に作り始めると、他のHGシリーズと比べてパーツ数が多い。(2倍くらい?)

パーツ切りに少し時間がかかってしまいました。

ゲート処理した後はボディを組んでいくのですが、この辺りは他のガンプラと同じ感じなので問題無かったですね。

シールの細かさは相変わらずですが。(笑)

素組みとスミ入れを終えた後はポージングですが、ここが一番テンション上がりましたね!

ストライクフリーダムガンダムは背中の羽根が印象的ですが、これがとにかくカッコイイ!バッと広げるだけで絵になります!

武器もライフルとサーベルがあるので、好きな方を持たせると良いです。

個人的にはサーベルタイプの武器が好きなのですが、二丁拳銃のように両手にライフルを持たせるのもカッコイイですよ。

注意したいのは、このストライクフリーダムガンダムには「アクションベース」(ポーズを固定する台座)は必須です!

背中の羽根があるので、自立するのは難しく、自立できてもポーズが限られてしまいます。

アクションベースで自由なポージングができるので、素組みでも簡単にカッコ良くなるのでおすすめです!

作成したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽機動戦士ガンダムSEED DESTINY HGCE ストライクフリーダムガンダム

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ

▽アクションベース 2 ブラック