【ガンプラレビュー】HGUC Vガンダム(機動戦士Vガンダム)

シェアする

vガンダム

ピコ吉(@pikokichi2)です!

今回は「機動戦士Vガンダム」よりHGUC Vガンダム(ヴィクトリーガンダム)のガンプラをレビューします!

HGUC Vガンダムの基本情報

機動戦士Vガンダムより初となるHGUCラインナップのヴィクトリーガンダムをHG最新フォーマットで立体化。
MSとしては小型の同機ながら1/144スケールでデティール豊かに再現。
クリアパーツ製のビーム・サーベルやビーム・シールドなど多彩な武装が付属。同スケールのコア・ファイターがオプションとして付属。
【付属品】コアファイター、ビーム・サーベル、ビーム・シールド、ビーム・ライフル、ホイルシール、組立説明書
(Amazonより)

機体名(MS):Vガンダム(ヴィクトリーガンダム)
登場作品:機動戦士Vガンダム
グレード:HGUC
スケール:1/144
発売日:2013/11/21

組み立て(素組み)

パーツ一覧。パーツ数は少なめです。

ゲート跡が極力目立たないような作りになっており、パーツ切りがとてもやりやすいです!

vガンダム

部分的に組み上げた状態。ライフルだけでなく、サーベル系の武器が豊富な点も嬉しいですね!

しっかりコア・ファイターも付いています。

vガンダム

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

撮影時に光が強くて白色が飛んでしまった。(汗)

スミ入れは「ガンダムマーカー スミ入れ用・グレー」を使用。

Vガンダムは白ベースの機体なので、色が濃いブラックよりもグレーをおすすめします。

vガンダム

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

Vガンダムは可動域が広い、動かしやすい、パーツの外れ無しとポージングも合格点です!

クロスボーンガンダムもそうですが、ポージングが楽しいガンプラは触っていて飽きません。

武器も豊富なので、いろいろとカッコ良いアクションができます。

vガンダム

vガンダム

vガンダム

vガンダム

HGUC Vガンダムのガンプラレビュー

今回は「機動戦士Vガンダム」よりVガンダム(ヴィクトリーガンダム)を制作しました!

Vガンダムは過去に制作したストライクフリーダムガンダムやユニコーンガンダムと比べてデザイン的な特徴があまりないので一見地味(?)なガンダムかと思っていましたが、Amazonの評価も良かったので試しにポチッと購入してみました。

カラーリングは白ベース。ブルーは普通の色ではなく、爽やかな水色の点が他のガンダムと違いますね。ピンクのクリアパーツもしっかりとあります。

ゲート跡も極力目立たない作りで、パーツ切りが進めやすいですね!

実際に組み立ていくと特に難しい箇所は無く、サクサクと出来上がります。

嵌め合いが硬い所もないので、説明書を見ながら間違えないように進めれば子供でもすぐにできますね。

シンプルなデザインで、素組みでもカッコ良いです!特徴の無いガンダムとか言ってごめんなさい!(笑)

可動域も広くサーベル系の武器も豊富なのでポージングも楽しいですですね。ギャラリーの写真も結構お気に入りです。

武器は残像が残るサーベルも付属しているは珍しいですね。他のガンプラにも持たせたい。

デザインはかなりシンプルなので、自分で好きなカラーリングに塗ったり、ウェザリングで汚しを入れたりといろいろと改造が楽しめるガンプラだと思います。

値段も1000円以下(Amazon価格)なので、気軽に作れる点も嬉しいです。

作りやすさ、可動域、付属の武器、今後の改造、購入しやすい価格など、トータル的に満足度の高いガンプラでした!

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HGUC Vガンダム(機動戦士Vガンダム)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ

▽アクションベース 2 ブラック