【ガンプラレビューブログ】HGUC V2ガンダム(機動戦士Vガンダム)

シェアする

v2ガンダム

ピコ吉(@pikokichi2)です!

今回は「機動戦士Vガンダム」よりHGUC V2ガンダムのガンプラをレビューします!

HGUC V2ガンダムの基本情報

機動戦士Vガンダムより後半主役機のV2ガンダムをHGUC化。
特徴的なVシルエットのミノフスキードライブユニットを再現。
【付属品】コアファイター、ビーム・サーベル、ビーム・シールド、ビーム・ライフル、ホイルシール、組立説明書
(Amazonより)

機体名(MS):V2ガンダム
登場作品:機動戦士Vガンダム
グレード:HGUC
スケール:1/144
発売日:2014/1/25
参考価格:¥1,404(Amazon¥821 2017/11/11現在)

組み立て(素組み)

説明書確認

v2ガンダム

パーツ一覧

基本的にVガンダムと同じで、白、青、黄、赤のいわゆる連邦系ガンダムのカラーリング。

パーツ数は他のHGシリーズと比べて少し少ないですね。

シールドやビームサーベルのクリアパーツは嬉しい!

v2ガンダム

v2ガンダム

部分組み

嵌め合いで特に難しい箇所は無く、構成もシンプルなので作りやすいです。

v2ガンダム

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

スミ入れは白いパーツをメインに「ガンダムマーカー スミ入れ用・極細タイプ」で行いました。

モールドの形状はVガンダムと似ていますね。

v2ガンダム

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

Vガンダムシリーズはビームサーベル以外にもシールドがクリアパーツなので見栄えが良いですね!手に持たせるタイプではなくて腕にハメるタイプです。

V2ガンダム本体もシンプルなデザインなので遊びやすいです。

可動域も問題なく、ポロリ(パーツ落ち)もありません。

v2ガンダム

v2ガンダム

v2ガンダム

v2ガンダム

v2ガンダム

HGUC V2ガンダムのガンプラレビュー

今回は「機動戦士Vガンダム」よりV2ガンダムのガンプラを制作しました!

過去にVガンダムを制作していますが、割りと作りやすい印象でこのV2ガンダムも作りやすかったです。

Vガンダムシリーズは個人的に懐かしいガンダムなのですが、ガンプラは2014年発売なので意外と新しいですね。

一概には言えませんが、新しいガンプラの方が作りやすく感じます。

パーツ数は他のHGシリーズと同じくらい。白、赤、青、黄の連邦系のカラーリングがワクワクします!

Vガンダムと同じクリアパーツの武器やシールドも付属。

白いパーツが多いですが、ゲート跡が目立ちにくいのでパーツ切りもサクサク進みます。やはり、くさび型のゲートは切りやすいですね。

組み立てもしやすく、説明書を見ながら進めれば全く問題ありません。嵌め合いが固い箇所も無し。

シールも少ないので初心者でも作れます。

パーツ切りから組み立てまでの所要時間は2~3時間程度で終わりました。

白いパーツが多いのでスミ入れすると映えますね。スミ入れはガンダムマーカー スミ入れ用のグレーと黒を使用。

モールドの入り方はVガンダムと似ているので、一度作った事がある方は慣れたものですね。

全体的なカラーリングもVガンダムと似ていますが、額のパーツなどは「V」が2つになっていたりと、V2ガンダムらしさがあります。

武器はVガンダムと同じでクリアパーツのビームサーベルやシールドが付属しています。

軌跡が残るビームサーベルのクリアパーツはVガンダムとV2ガンダムならではですね。もちろんライフルも付属しています。

コア・ファイターも本体とは別で組み立てができるので、コア・ファイターのみで飾ることもできますね。(変形はしません。)

可動域も特に問題なし。肩がもう少し上まで上がってくれれば言うこと無しです。

今後の改造予定イメージはウェザリングで汚すよりも、ツヤ消しなどで表面のクオリティーを上げていきたいです。

せっかくVガンダムも制作しているので、一緒に並べて飾りたいですね!どちらもクリアパーツがあるので見栄えも良さそうです。

V2ガンダムはとても作りやすいガンプラなので、Vガンダムシリーズファン以外にもガンプラ初心者におすすめです!

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HGUC V2ガンダム(機動戦士Vガンダム)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ

▽ガンダムマーカー スミいれ用 ブラック 極細タイプ

▽アクションベース 2 ブラック